消費者金融

総量規制後、消費者金融業界再編でどこが安心して借りれるの?

総量規制により銀行以外の金融業者には個人への融資は年収の1/3以上は出来なくなりました。しかし初めて消費者金融(カードローン)を利用する方にはあまり関係ない話なので初めに出る借入枠(大体50万円以下)が低金利初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)のあるプロミスに申込むといいでしょう。

編集部厳選の消費者金融

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミス

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 4.7%〜18.0%
借入限度額 最高500万円
モビット

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

モビットで給与明細などの収入証明が必要な場合は?

収入証明はカードローン業者が申込者の返済能力を確認するためにも重要な提出物になるのでモビットでも提出を求められます。これが銀行が展開するカードローンの場合は、100万円を超える融資の場合に収入証明の提出が求められる場合がほとんどです。

 

ところで先述の「原則として」という意味ですが、これはモビット以外に借入が全くない場合のケースです。たとえばモビットの他にも既に借入がある場合には、モビットでの申込金額が50万円未満であっても収入証明を求められる場合があります。

 

金額的には、モビットの場合で既存の借入金額がトータルで100万円以上あった場合に提出を求められるようです。

 

いずれにしても、モビットをはじめとする消費者金融では総量規制という法律によって借り入れできる総額がお金を借りる アルバイトでも年収の3分の1までに規制されています。手軽に借りられるからといって借りすぎないように注意しましょう。

2010年6月より消費者金融にも総量規制が実施されました

年収の3分の1しか借り入れする事が出来ない総量規制が6月18日より法改正されました。借入れが出来なくなった方はヤミ金へ流れてしまうことが懸念されていますが、ヤミ金に手を出してしまう前に銀行の借入れ・銀行カードローンは総量規制対象外ということを知っておいてください。

 

総量規制には規制の除外例外があり、本当に借入が必要な方を守ってくれています。

総量規制から除外されるものの例
  • 住宅ローン
  • マイカーローン
  • 高額医療費のローン
  • 銀行からの借入(カードローンを含む)

とよくあるローンや銀行からの借入は総量規制の借入対象から除外されています。だからと言って誰しも銀行のカードローンの審査に通るとは限りません。もともと低金利に設定されている銀行のカードローンはその利益の薄さからリスクを排除するために審査は厳しくなっています。

本当に借入が必要な方を守ってくれていないんじゃない?

いえ。前述の通り総量規制には例外があります。複数借入をしていて総量規制をオーバーしていても消費者金融から借りる方法があるのです。

総量規制の例外のひとつ
  • 顧客に一方的有利となる借換え

という例外があります。これはおまとめローンなら総量規制を超えて貸付できるということなのです。複数ローンをまとめることによって月々の返済額が減り、支払総額も減るかもしれない。これが『顧客に一方的有利となる借換え』に該当するのです。

 

ですから複数借入や総量規制に引っ掛かって消費者金融の審査に通らないような時は『おまとめ利用』ということを申込後のオペレーターからの電話で伝えることによって『顧客に一方的有利となる借換え』に基づく総量規制の例外で審査してもらうことが出来ます。

 

その際は親身になって相談してもらえるアドバイザーのいるプロミスがベストですね。

総量規制の対象となるローンはどれ?

クレジットカードを使用した借入れ(キャッシング)については、総量規制の対象となりますので、年収の3分の1を超える借入れがある場合、新たな借入れは できません。一方、クレジットカードを使った商品購入(ショッピング)は、貸金業法の規制の対象外ですので、年収の3分の1を超える借入れがある場合で も、クレジットカードで買い物をすることは可能です。

 

※より正確には、次のとおり、場合に分けて考える必要があります。
(1)クレジットカードで現金を借りる場合(キャッシング)
クレジットカード会社は、「貸金業者」として「貸金業法」に基づき、金銭の貸付けを行います。したがって、キャッシング取引には、「貸金業法」が適用されます。
(2)クレジットカードで商品やサービスを購入する場合(ショッピング)
ショッピング取引については、「貸金業法」は適用されません(リボ払い、分割払い、ボーナス払いには、別途「割賦販売法」が適用されます。)。
【出典:新ルール改正貸金業法】
総量規制や債務整理による武富士の倒産など、消費者金融業界にも再編の嵐が吹き荒れています。そんな再編の嵐に巻き込まれず、急な入用に迅速に対応できる即日融資案件を当サイトではご紹介しております。お借入れは計画的に。

 

今日はちょっと「お金」について勉強したいと思います。まずよく耳にする消費者金融。消費者金融と聞くと、プロミスやモビット、レイクなどの名前が出てきますよね?プロミスなどは前から有名ですがキャッシングは最近一気に知名度が上がってきた消費者金融です。

 

それぞれにしっかりと特徴がありプロミスではなんと、おまとめローンが利用できます!これなら複数持っているカードローンを1つにまとめてお得に返済できます!次にFXについて少しご紹介します。FXとは通貨を売買して利益を出していきます。

 

株とは違い初心者でも稼げるということもあり、fx 初心者になる人もたくさんいます。FXについてもっと詳しく知りたい方はFX 比較サイトをご覧ください。